会社の魅力を伝える 動画のチカラ

伊藤建設株式会社

代表取締役 伊藤善朗 様

地元密着型の総合建設会社として地域貢献を続ける伊藤建設。仕事の魅力を学生に伝える手段の一つとして、ホームページのリニューアルを計画し、動画コンテンツで会社の魅力を伝えようと考えました。 動画制作のパートナーとしてインフォトネットワークを活用するに至った経緯と、その感想について、代表取締役社長である伊藤善朗さんに伺いました。

4代に渡って継承される優良建設会社

昭和16年、私の祖父が東京・王子の地で建築業として創業。昭和20年には、私たちが生まれ育った船橋に拠点を戻し、事業を続けました。後継者となった父が土木工事業を立ち上げたのですが、その後、父が突然、急死したため、専業主婦であった母が厳しい状況の中で、急遽、社長となることに。現在の私の代になってからは不動産業にも着手し、地域に密着した総合建設・不動産企業として、皆様にご愛顧いただきながら成長を続けています。これだけ長きに渡って、地域の地主さんやお客様からご愛顧いただけているのは、多くの皆様にご信頼いただけるような仕事を重ねてきたことの証であると自負。個人向けの仕事だけでなく、一般企業や医療法人からのご依頼や数多くの公共事業にも、しっかり対応してまいりました。

私たち伊藤建設は、社員にやりがいを感じてもらえるような職場づくりを推進。活き活き働けるようなチャレンジの場を提供し、人間として成長できる機会を用意しています。私たちの会社は、規模の小さな仕事から大きな仕事まで幅広く対応しています。それこそ、その一つ一つが、世界に二つとない“オリジナル”の建築物ですから、それぞれに工夫やチャレンジが必要になります。そこで良い仕事をすれば、施主から正当な評価を受け、結果的にリピーターになっていただける。自分の頑張りが、目に見えるカタチで現れることに、やりがいにつながっていきます。

また、私たちはチームワークを大切にしている会社でもあります。基本的には、自分が見積もりをした現場を自分で担当するのですが、時には複数案件が重なって、他の担当者に託すケースもあります。建設の仕事は内容が非常に細かいので、しっかり引継ぎをしなければ、仕事もスムーズに進みません。そういった意味でも、コミュニケーションを大切にしています。それは、社内だけでなくお客様との関係においても同じこと。とても良好な関係を築いています。 

 

動画コンテンツで企業の魅力をアピール

 建築業界全体の課題として、慢性的な人材不足があげられます。当社でも、仕事はあるのに、それを取り仕切る現場監督が足らない状態が続いていました。どうしても“キツい仕事”だと認識され、敬遠されがちです。確かに、楽な仕事ではありませんが、その反面、大きな喜びを感じられる場面も多くあります。多くの人の力を結集して、地図にない建物をゼロから創り上げていく、その指揮を執る醍醐味は何ものにも代え難いものです。完成した建物を目の前にして大きな感動を実感できますし、またその後も大切に住んでもらったり、利用してもらうことで、自分の仕事に誇りを持ち続けることができます。 

そんな仕事の魅力を、特に若い方々にアピールしたいと考え、ホームページのリニューアルを立案。スマートフォンで閲覧できるようビジュアルにこだわり、初の試みとなる動画コンテンツを企画したのもそのためです。

今回、インフォトネットワークの動画サービスの存在を知って、動画制作を依頼。編集には私たちの思いを反映させていただきました。業界こそ違いますが、ものづくりに対する思いは映像にも建物にも共通する部分はあるかと思います。私たちの思いをしっかり形にすることができて、非常に楽しかったですし、良い経験になりました。

 

わかりやすく、“伝わる”動画

完成した動画は就活イベントで放映したのですが、非常に好評で、アンケートでも、「わかりやすかった」との声が多くあがっていました。今回は、求人を目的とした動画としてご依頼したのですが、事業内容も社風も非常にコンパクトな時間で伝えることができるということで、弊社のPR動画として活用できるのではと思っているところです。やはり動画の力はすごいですね。わかりやすく会社のイメージを伝えることができる。インフォトネットワークを活用し、安価でありながらクオリティの高い動画が制作できて、本当に良かったと思っています。

 

 

 

伊藤建設株式会社リクルート動画 5分バージョン

※2018年5月取材時の情報です

伊藤建設株式会社

伊藤建設株式会社

http://www.ito-kun.co.jp/