ものづくりの信頼感を表現

エムケー精工株式会社

コーポレートコミュニケーショングループ
宮川 様

70年に渡り、お客様の声を集約しながら、本当にユーザーが求めるものづくりを進めてきたエムケー精工株式会社。その歴史と信頼感を表現したいと選択したパートナーがインフォトネットワークのカメラマンでした。同社コーポレートコミュニケーショングループの宮川様に、インフォトネットワーク利用のきっかけやリピートし続ける理由についてお聞きしました。

お客様との良好な関係の中から生まれた製品群

私たちエムケー精工株式会社は、今年で70周年を迎える“研究開発型メーカー”です。「オート機器」「情報機器」「生活機器」の3つの事業領域において、企画、開発、製造、販売、アフターサービスまで一貫体制を強みにものづくりに取り組んでいます。オート機器事業のメインとなるのは門型洗車機の製造販売で、さらに灯油を配送するローリーやオイル交換機など、ガソリンスタンドにおいて、給油以外のあらゆる業務をサポートする機器をラインナップしています。生活機器は、主に農家の方々がお米を保管する低温貯蔵庫や精米機、計量米びつなどを製造販売。またホームベーカリーやもちつき機など、家庭用の調理家電も取り扱っています。情報機器事業分野では、LEDを使用する情報看板を製造販売。高速道路の情報表示装置や商業施設の大型フルカラービジョン、ストアサインなどを取り扱っています。

創業当時は、果実袋の留め金や瓶の王冠など、小物の金属加工からスタート。やがて創業者が発明したサイフォン式給油ポンプが大ヒット商品となり飛躍。以降の研究開発・生産体制の礎を作りました。さらに、給油ポンプや金属加工製品の販売を通じて、ガソリンスタンドや金物屋さんとのお取り引きが始まったことにより米びつや洗車機といった、現在の主力商品群を開発。常にお客様の声から、新しい製品を生み出してきたという歴史があります。また、販売後もサポート業務を通じてお客様との良好な関係が続くため、そこからまた、新たな市場ニーズに合った製品誕生のためのアイデアが生まれています。

料金体系が明確で予算取りがしやすい

元々は、カタログなどに掲載する製品写真の撮影には、それぞれの事業部が選任のカメラマンを用意。学生に配布する冊子やホームページのコンテンツには自分たちで撮影した写真を使用していました。そのためクオリティのばらつきがあったのは確か。特に私たちが自らトライしていた料理や人物撮影は、ライティング機材もないため、思ったような仕上がりにならずに困っていました。正解がわからず、常に“これでよいのか?”という不安がありましたし、どうしてうまくいかないのかさえわからない状況でした。インフォトネットワークのサービスを知ったのは、CM撮影のためにカメラマンを手配したアマナの営業さんからのご紹介でした。やはり、“ものづくりの信頼感”を表現したかったのでプロに頼もうと考えたのがきっかけでした。料金体系が明確だったため、予算取りがしやすく、社内で話を通しやすい点がまず気に入りました。当日のカメラマンの対応もよく、休憩もとらずに一生懸命やってくれて、しかも良い写真を撮ってくれたと、社内でも評判になるほどでした。手配した私たちとしても非常に安心しましたし、リピートすることに何の抵抗もありませんでした。

全国均一のクオリティを確保できるメリット

とにかく、カメラマンの対応力も抜群で、本来であれば、私たちがディレクションをする立場にあるのでしょうけれども、経験値から様々な案を出してくださるのが非常にありがたいです。いつも、“そういう視点もあるのか”と感心してしまうくらい、私たちでは思いもつかないようなシーンや状況を演出してくださいます。やはり商品だけでなく、人物を撮影する際のシーンづくりにおいて大きく差が付きますね。もちろん、今後も様々な場面で、インフォトネットワークを活用したいと考えています。私どものように、全国に支店、出張所がある企業にとっては、どこの地域でも均一に、クオリティの高い写真が撮れるインフォトネットワークは非常に便利で利用価値の高いサービスだと思います。社員証や各地の仕事の様子などの撮影に活用していきたいですね。全国に支店、出張所がある企業は各地で同じ条件の写真を撮ることが難しいと思いますが、このインフォトネットワークならどこの地域でも均一に、クオリティの高い写真が撮れるため、社員証や各地の仕事の様子などの撮影に活用できるのではないでしょうか。

※2018年2月取材時の情報です

Photo:Harada Koichi

エムケー精工株式会社

エムケー精工株式会社

https://www.mkseiko.co.jp/product.html